プログラミング言語の勉強

IT業界と言えばプログラミング、プログラミングと言えばプログラミング言語ですが、プログラミング言語と言ってもその種類は無数にあります。
現在把握されているだけでも200種類ほどの種類があるようなので、全て覚えよう、なんていうのは無謀でしょう。
かと言って、IT系の仕事をしていくに当たって、避けては通れないのがプログラミング言語。なので、最終的には一つでも多くの言語を使えるようになる必要はあります。

基本的に仕事を任された時に「あ、その言語わかります」なら困らないのですが、有名な言語ならともかく、特殊な環境下で活躍するマイナーな言語も多いため、その時は「あ、わかりました、今から勉強します」となるわけです。

そんなこんなで、書店などに行ってプログラム関係の本を探してみると、一つ一つの言語でそれぞれ分厚い説明書が売られているのを目撃することになるでしょう。悠長に勉強している暇なんてあるのかって話になりますが、その辺は職場による、と無責任なことしか言えません。
あまりマイナーな場合は向こうも察してくれるでしょうから、今から勉強を始める旨をきちんと伝えれば、あまり複雑な仕事を任せてくることはないはずです。

ここまで来ると、もうITというよりも普通の仕事と同じですね。
CやJavaなんかは今や素人でも名前を聞いたことがあるくらいの言語なので分からない、は通じないかもしれません。なんにせよ、日頃から勉強をすることが大事なので、この業界に興味のある人は覚悟しないといけないのかもしれません。
数あるプログラミング言語の中でも、あらゆる場面で使用される汎用性のある言語といえばJavaです。
まずは、Javaのスキルを習得をするのが未経験者にはいいかもしれません。Javaの勉強を始める方にオススメのサイトをご紹介しましょう。>>>『初心者のためのJava入門ガイダンス

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*
*
Website